最新話ネタバレ

【ガイシューイッショク:6話】ネタバレ|勝負を放棄した広海に待ち受けていた大きな罰

隔週雑誌・ビッグコミックスペリオールで連載中の【ガイシューイッショク:5話】の続きが気になるあなたへ、6話の詳しくネタバレと感想をお伝えしていきます。

違う話数のネタバレを探している場合は、下記リンクから該当話数が探せます。

【ガイシューイッショク】全話ネタバレへ

文字ではなく画像付きでネタバレを楽しみたい場合は、こちらからU-NEXTの31日間無料利用+600円分のポイントを利用すると無料で読めます。

▼31日間無料利用+600円分ポイントあり▼

【ビッグコミックスペリオール最新号】をU-NEXT無料特典で今すぐ読む

【ガイシューイッショク:6話】ネタバレ

結局ペナルティを受けることになってしまったのですが、みちるが広海に出したペナルティの内容は強烈でした。

みちるは広海に下を見せろと言ってきたんです。

一瞬、広海もみちるは血迷ったのかと思ったのですが、みちるは目が座っておりマジモード。

 

勝者であるみちるに対し、敗者である広海に選択権は無く、言いなりになる以外に道は残されていません。

どうにかこうにか理由を作ってかわそうとしますが、みちるはスヤァと居眠りして聞こえないふり。

仕方ないので広海は意を決してズボンのベルトに手をかけるのですが、不意にみちるが席を立ち、ガラスコップを1個持ってきたんです。

 

みちるは出せという

いざ!っていう形の時に寸止めを食らった広海でしたが、その後にまさかの言葉を聞かされ怖気づいてしまいます。

見せるくらいなら問題ないのですが、今ここでアレを出せって言われても、急に出るものでもありません。

みちるは余裕の表情を見せつつ、広海のズボンを脱がす手伝いをしようとしたのですが、その時に電話が鳴り響きます。

 

広海はすぐさま自分のスマホを握りしめ電話に応答すると、どうやら緊急で仕事に取り掛からなければならなくなったみたいです。

みちるをリビングに残して、電話をつなぎつつ逃げるように退散していきます。

もちろん、みちるは広海の行動にムカついており、舌打ちをして見送るのでした。

Sponsored Link



助かった広海が会っていた人物は・・・

彼は広海の友達で、プライベートも知っている男性でした。

彼が広海を呼び出したのは、お互いに同棲している相手がいるから、たまには進捗報告をしようという名の愚痴りあい。

彼はお酒で酔ったことで、同棲する彼女の行動に関する愚痴を延々と広海に伝えてきました。

こうして彼の愚痴は朝まで続き、仕事だというのに朝帰りをしてしまうことになって、通勤中は居眠りをして悪夢にうなされてしまうのでした。

 

徹夜明けの仕事から帰宅すると・・・

そこには机にうなだれ、まるで屍のようになっているみちるの姿がありました。

漫画家であることは知っていたのですが、一体どんな漫画を書いているか知らない広海は、興味本意から覗いてしまいます。

そして、覗いたことを知られてしまい、先日の勝負で負けた続きを持ち出されてしまいました。

みちるは目を血走らせ、半ば強制的に広海を脱がせようとし、無理だと悟ると語気を強めてコップを指差し命令を下すのでした。

Sponsored Link



最新話や最新刊の画バレを読むサービスはこちら!

文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。

そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【ビッグコミックスペリオール最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。

サービス名 無料ポイント 読める冊数
U-NEXT 600p 今すぐ1冊分が無料で読める
music.jp 600pt 今すぐ1冊分が無料で読める
FODプレミアム 1300pt(※) 待てば4冊分が無料で読める

この中から最もおすすめなのがU-NEXTというサービスで、登録した瞬間から600円分のポイント+31日間の無料お試し期間がついてきます

▼ビッグコミックスペリオール最新号の例▼

U-NEXTなら解約も31日以内であれば利用料金の請求はされません。

ぜひ、こちらから無料登録に進み、あなたが読みたいマンガを思う存分お楽しみください。

U-NEXTを使って無料で読む

【ビッグコミックスペリオール最新号】をU-NEXTに無料登録して今すぐ読む

※バックナンバー配信は終了している場合があります。

【ガイシューイッショク】今すぐ好きな巻を全巻無料で読み放題なサービスを徹底特集ビッグコミックスペリオールで好評連載中の作者名さんが描く【ガイシューイッショク】が、月額制の読み放題サービス対象や全巻無料で読めたらいい...

感想

ということで、結果的に広海は自尊心を保つことにはなったのですが、勝負からは逃げた感じになりました。

だから、勝負の勝ち負けにこだわるみちるから見逃されるはずなく、結果的にはペナルティから逃げられなかったのがオチ。

そして、今回で明かされたのがみちるの職業。

 

漫画家だけとはわかっていたのですが、危ういほうの漫画を書いていたとは・・・笑

なるほど、確かにみちるが担当する漫画であれば、広海のアレは役立ちますよねぇ。

さてさて、本当に広海はみちるにアレを見せてしまうのでしょうか?

【ガイシューイッショク:7話】ネタバレへ