ネタバレ

【金色のマビノギオン:16話】最新話のネタバレ|アーサー王のにぎやかな食事会

マンガParkで好評連載中の【金色のマビノギオン:15話】の続きが気になるあなたへ、16話のネタバレと感想をお伝えしていきます。

違う話数のネタバレを探している場合は、下記リンクから該当話数が探せます。

【金色のマビノギオン】全話ネタバレへ

文字ではなく画像付きでネタバレを楽しみたい場合は、こちらからマンガParkのアプリをダウンロードすると無料で読めます。

▼インストール&基本利用無料▼

【金色のマビノギオン】をマンガParkで読む

【金色のマビノギオン:16話】最新話のネタバレ

16話その1

アーサー王は、みんなが見守る中でブリテンの盟友となる1人・ランスロットを紹介することになる。

緊張した面持ちのランスロットですが、従兄弟・ボールスの笑顔にほだされて、緊張の面持ちを解きます。

それから、お互いがよく遊んでいた過去の話をし続け、いつしか2人は周囲の人目を気にせず昔話に話を咲かせ続け大声で笑い合います。

ただ、お互いに笑顔ではあるのですが、話が恨みつらみや物を壊した話にすり替わっていき、若干周囲から心配の目を向けられるのでした。

 

エクトルによる確認と謝罪

ランスロットの額付近の髪をかきあげ、エクトルはある確認をします。

それは、子供の頃に火遊びによりランスロットに怪我をさせてしまったことがあった。

今までそれを大きく悔いていたのですが、改めて確認したら何事もないことで一安心。

ただ、安心したと同時にランスロットの唇を奪っていくんです。

一体、どこの誰がこんな過剰な愛情表現をしろと・・・。

 

たまきの紹介も始まっていくのだが・・・

こうしてそれぞれが打ち明け、挨拶も順々に済ませていきます。

もちろん、今度はたまきの番です。

男性と触れ合うことに慣れてないたまきにとっては、握手するだけでもテンパってしまいます。

そして、エクトルもボールスに促され挨拶のためにたまきの手をにぎるのですが・・・。

 

16話その2

エクトルから大声で接されたたまきは驚いてしましますが、実は前に船酔いしていた時に救っもらっていた恩があったんです。

今回、このアーサー王が開いた食事会で再会したため、あまりの嬉しさに大声を出してしまった。

たまきにとってはびっくりな出来事でしたが、同時にエクトルの良き人間性に触れる機会でもあり、認識を改めることに繋がります。

 

ガウェインは貴婦人の食事作法で翻弄する

さて、挨拶もほどほどに済んだことで、それぞれ席に着席し食事会の続きが行われます。

目の前には豪華な食事が並んでおり、今すぐにでも食べたいたまきなのですが、今日の服装は袖が大きく大変です。

たまきの慌てふためく姿をガウェインは楽しく見つめつつ、食べたそうにしていたスペアリブを手に取り、たまきのために切り分けます。

 

しかし、それだけではなくガウェインはたまきの口に運ぶんです。

恥ずかしがるたまきなのですが、ガウェインに促され、しぶしぶ彼の手へ口を運び食べさせられます。

ガウェインも満足した表情を見せており、とても楽しげに食事会が進んでいくのでした。

Sponsored Link



16話その3

食事も済み、お酒も入ってきたことで、食事会にいる男どもは非常に荒々しくなってきました。

姫君に何かあってはまずいということで、ガウェインとアーサー王の計らいでたまきは食事会を後にすることになります。

真と一緒の部屋になるはずだったのですが、彼女はついつい熱くなっておりマーリンと議論を始めていました。

2人の間に割って入るほうが怖いというので、ガウェインにより先に送ってもらうことで決着します。

 

アーサー王とたまきのたとえ話

ガウェインはたまきを送っている途中、侍女たちの声がかすかに聞こえました。

少しだけ振り返るガウェインに向け、たまきは不思議そうな顔をして、言葉にはしませんでしたが問を投げかけます。

ガウェインも問に気づき、侍女たちが話していた話をたまきへしてあげるのでした。

太陽神とその妻、まるでアーサー王とたまきはそっくりだと。

 

感想

今回はアーサー王が開いた食事会なため、非常ににぎやかなお話です。

血なまぐさい感じだったお話が一気に華やかになりましたし、それぞれとてもイキイキと食事会を楽しんでいました。

しかし、ガウェインはズルいですよねぇ。

あんな食べさせ方をしてくるとか、惚れちゃいますよ。

ガウェインのような男が現実にいたら、完全に女の敵ですね笑