ネタバレ

【十億のアレ:9巻】最新話のネタバレ|糀谷の「とある発言」で現実を見たアザミ

ズズズキュン!で好評連載中の【十億のアレ。~吉原いちの花魁~:8巻】の続きが気になるあなたへ、9巻のネタバレと感想をお伝えしていきます。

違う話数のネタバレを探している場合は、下記リンクから該当話数を読めます。

【十億のアレ。~吉原いちの花魁~】全話ネタバレへ

お金を支払わず画像で今すぐ無料のネタバレを読みたい場合は、U-NEXTの登録特典600円分のポイントで読めます。

U-NEXTは31日以内に解約すれば利用料金を請求されませんので、600円分の無料ポイントをフル活用して読んじゃいましょう!

▼31日間無料利用+600円分ポイントあり▼

【十億のアレ。】をU-NEXT無料特典で今すぐ読む

【十億のアレ。~吉原いちの花魁~:9巻】最新話のネタバレ

いよいよ糀谷に抱かれる瞬間がやってきました。

お互いに見つめ合い、服を脱がされ、その姿につぶやかれた糀谷の言葉と瞳にアザミは心を奪われる。

 

 

何かを知っている山吹と怪しい気配

アザミの水揚げが進む裏では、三倉が無残に荒らされた座敷にて、犯人の調査を請け負うことになっていました。

内部犯とは思いたくないが、明らかに狙ってやられているわけなので、内部の人間としか思えない。

調査に乗り気では無いため、漂う雰囲気は重い。

 

とりあえず、まずは奥から調べようとしていた三倉だったのですが、そこでグイッとネクタイを引っ張られてしまいます。

しかも、引っ張った相手は山吹。

さらに三倉には間髪入れず頼み事をし始めます。

アザミの水揚げを止めて欲しい、と。

 

望んでいたはずの夢は一瞬で絶望へと変わる

一方、アザミと糀谷の営みは、順調に進んでいました。

何もかもをさらけ出した姿のアザミに、糀谷はゆっくりと丁寧に唇と肌を重ねていきます。

少しの間を置き、糀谷はアザミに交渉を始めてきたのです。

内容は、身請けをしたいというお話。

つまり、アザミの借金10億円を肩代わりすると共に、吉原から籍を抜けられるが、糀谷の下にいなければいけないんです。

願ってもない交渉事。

しかし、その次の言葉でアザミは糀谷の現実を知らされます。

糀谷は、アザミを言いくるめる時に「汚れる」という言葉を使ってしまった。

男嫌いのアザミにとって、男性から軽蔑的な目で見られるのは、最も好ましくないことの1つ。

糀谷は、最後の最後でヘマを踏んでしまったんです。

 

見抜かれた糀谷は内面をさらけ出し始める

山吹と糀谷は、良い関係だった。

しかし、2人の関係は詳細を知らない人間から見た関係であり、当の本人たちは主従関係で結ばれていたんです。

糀谷は山吹の弱点を押さえていた。

 

それは、妹です。

山吹には優秀なスポーツ選手である妹がいて、金のちからを使って山吹のプライドをへし折って来ていた。

そして、いよいよ山吹を遊べなくなるから、まだ手垢のついていないアザミを海外へ連れて行こうと思ったんです。

 

 

三倉は間に合うのか!?

もちろん、アザミは糀谷から真意を聞かされたことで、100年の恋も冷めてしまいました。

物扱いする糀谷に強い拒否感を表すのですが、男と女の体格に加えて、覆いかぶさるような体勢でいるため分も悪い。

なし崩し的に馬乗りにされると同時に、手元にあった飾りのかんざしを手にした糀谷は、花魁の商売道具である体に消えない傷をつけよう画策します。

一方、山吹に依頼された三倉は猛ダッシュで階段を駆け上がっていくのでした。

 

無料で単行本や最新話を読めるサービスはこちら!

【十億のアレ。~吉原いちの花魁~】を今すぐお金を一切使わずに読む方法があります。

▼電子書籍で配信中の【十億のアレ。】▼

U-NEXT:十億のアレ。〜吉原いちの花魁〜
サービス名 無料ポイント 読める冊数
U-NEXT 600pt 今すぐ分冊版5冊が無料で読める
FODプレミアム
1300pt(※)
待てば単行本版1冊or分冊版12冊が無料で読める

※:8日・18・28日のポイント取得時

最もおすすめなのがU-NEXTというサービスで、登録した瞬間から600円分のポイント+31日間の無料お試し期間がついてきます

解約も31日以内であれば利用料金の請求はされません。

U-NEXTを使って【十億のアレ。~吉原いちの花魁~】のみならず、読みたいマンガを思う存分お楽しみください。

U-NEXTを使って無料で読む

【十億のアレ。】をU-NEXTに無料登録して今すぐ読む

感想

さて、糀谷と山吹の本当の関係が明かされましたね!

ここまで酷い関係だったとは・・・。

館主たちに対して山吹が頷かなかった理由というのは、今回の糀谷との一見があったんですね。

 

そして糀谷もやっちゃいましたね。

最後の最後、一手の爪が甘かった。

「汚れる」という他人行儀かつ無意識に見下している言葉を、頭がキレるアザミの前で漏らしてしまった。

 

発言が「誰かに汚れて欲しくない」という主観的であれば、アザミはそのままストレートに頷いていたかもしれません。

見抜かれてしまった糀谷は最終手段に出ました。

山吹に依頼された三倉も向かっています。

次で、一気に話は片付きそうですね。

【十億のアレ。~吉原いちの花魁~:10巻】ネタバレへ