ネタバレ

【女の子が抱いちゃダメですか?:7話】最新話ネタバレ|美月の大胆さに篠宮はタジタジ

▼別の話数を探すならこちら▼

【私の夫は冷凍庫に眠っている】全話+最新話ネタバレまとめ!【最終回まで更新中】▼最新話の動向はこちら▼ https://www.rungun-cannonball.jp/archives/17493 マンガ...

マンガワンで好評連載中の【女の子が抱いちゃダメですか?:6話】の続きが気になるあなたへ、7話のネタバレと感想をお伝えしていきます。

もしも、あなたに読みたいマンガがあった場合、U-NEXTの特典を使うと600円以内の作品なら今すぐ無料で読めます。

▼お得に読むならこちら!▼

好きなマンガをU-NEXT無料特典で今すぐ読む

※31日以内の解約なら料金請求はありません

【女の子が抱いちゃダメですか?:7話】ネタバレ

出勤中の篠宮。

篠宮は、美月に自分の気持ちを打ち明けて以降、心が軽くなったように感じていました。

美月のふたりで幸せになるという言葉が、篠宮の心を軽くしてくれたのです。

 

美月とメールのやりとりをしていると、他の人からのメッセージに気付きます。

それは、全く気付かず2日ほど放置してしまっていました。

そのメッセージは守山サキという女性からでした。

 

そして内容は、今度飲みに行こうというもの。

そのメッセージをみて固まる篠宮。

すると後から同僚がやってきて、篠宮に声をかけます。

同僚は、自分がプロデュースした熱海旅行について興味津々な様子。

 

篠宮はプロデュースという言葉に引っかかりつつも、彼のおかげで上手くいったことを伝えました。

スマホをおさめ、ふたりで会社へと向かいます。

その時篠宮は、あとで会わないと返そうと考えていました。

 

篠宮の気質を気に病む美月

水曜日、篠宮は初めて美月の家にやって来ました。

綺麗にしてある部屋をみて目を輝かせる篠宮。

美月は昨日頑張って掃除をしていたのです。

 

篠宮は、おすすめのおつまみを買ってきていました。

そして、美月に説明してあげるのです。

楽しそうな表情の篠宮をみて、美月は嬉しく思っていました。

 

篠宮の表情がなんだか柔らかくなったように思えたのです。

おつまみをテーブルに並べ、ふたりは乾杯しました。

美月は、きっと篠宮は今まで元カノに言われたことを引きずっていたのだと考えました。

 

彼氏に対して下手だと言えるほどの女性。

その女性は性格がキツイのだろうと思う美月。

しかし、いじられ気質が強い篠宮です。

そういう強い女性が好きなのだろうと思うと、美月は心が落ち着かない様子。

 

そして、美月はある行動に出ます。

この日篠宮を呼んだのは、ある物を使おうと思っていたからでした。

そのことを篠宮に伝え、美月はそのある物を取り出します。

そのある物とは電動マッサージ器でした。

秘密兵器を使う美月

美月が電動マッサージ器を出てきたので驚く篠宮。

美月は思っていました。

どっちが抱く側になるなど考えていたふたり。

 

しかし、そうではなくそういうグッズを使って簡単に気持ちよくなれればいいのではないかと。

美月がそれを使おうと思ったのには他にも理由がありました。

元カノが強い女性だったのなら、自分はこのままではいけないと思ったのです。

 

そして思い切ってグッズを購入しました。

とりあえず試してみることに。

美月はマッサージ器のスイッチを押します。

 

震えるマッサージ器をみて少し驚いた様子の篠宮。

篠宮もそういうものを使用するのは初めてで戸惑っているのです。

それにしても、試してみるといってもどこに使うのか疑問に思った篠宮。

 

すると、美月が篠宮のほっぺにそれを当てました。

篠宮の緊張をほどこうとしたのです。

そして、いきなり強くはしないと篠宮の胸元にマッサージ器を当てます。

 

ただのマッサージのようになり、沈黙になってしまうふたり。

そこで美月は、篠宮の背中側に回り込みます。

そして、篠宮を四つん這いにさせてその上に乗っかる美月。

 

美月が篠宮の首筋にキス。

それからマッサージ器を下半身へと移動させます。

どんな感じか聞かれた篠宮は思うことがありました。

マッサージ器の振動よりも、体勢に興奮する様子の篠宮。

 

篠宮のスマホに入った連絡相手は・・・

美月はあまり篠宮の反応が感じられなかったため、マッサージ器をさらに移動させます。

そして、動かしながら篠宮の下半身に刺激を与えます。

しかし、篠宮はマッサージ器そのものの振動は少しくすぐったい程度。

 

体勢と、美月の息遣い。

背中に感じる柔らかい感触。

それらが篠宮の興奮をかきたてるのです。

 

美月が篠宮の下半身に手をのばし、反応していることを確かめました。

美月に触られた篠宮は限界に達しそうになります。

その時、篠宮のスマホのバイブがなるのです。

 

スマホを取りに行こうとする篠宮。

そんな篠宮に対し、いじわるそうに途中でやめてもいいのか美月が問いました。

その時、スマホがテーブルから落ちます。

 

そしてスマホの画面が見えるのです。

そこにはサキという女性からのメッセージが。

それは、断ったにもかかわらずまたも食事に誘ってきている内容でした。

気になる最新刊の続きや最新話の画バレが無料で読めるサービス

文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。

そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。

サービス名 読める冊数
U-NEXT 今すぐ600円以内のマンガが無料で読める
music.jp 今すぐ600円以内のマンガが無料で読める
FODプレミアム 今すぐ900円以内のマンガが無料で読める
まんが王国 無料登録で50%オフクーポンあり
ebookjapan 無料登録で50%オフクーポンあり

※:最大ポイント取得時

この中から最もおすすめなのがU-NEXTというサービスで、登録した瞬間から600円分のポイント+31日間の無料お試し期間がついてきます

また、U-NEXTは解約に関しても充実しており、31日以内に利用を止めれば利用料金の請求は一切されません

ぜひ、こちらから無料登録に進み、あなたが読みたいマンガを思う存分お楽しみください。

U-NEXTを使って無料で読む

好きなマンガをU-NEXTに無料登録して今すぐ読む

※バックナンバーの配信は終了している場合があります。

感想

美月が大胆過ぎて笑っちゃいました。

マッサージ器まで使うなんて美月の発想すごいですよね。

今回は、美月が攻めているのが主な話でしたね。

 

篠宮は受け身というより、優しいんですよね。

いじられてしまう部分もあるんだろうけど、優しいから美月のしたいようにさせてあげてる感じに見えました。

問題は最後です。

 

きっと元カノですよね。

断られたのにまだ言っているのも理解できませんが、彼女いるとわかっていて誘う神経って何なんでしょう。

ふたりの邪魔しないで欲しいです。