ネタバレ

【十億のアレ:11巻】最新話のネタバレ|糀谷の暴挙を制するアザミの言葉

ズズズキュン!で好評連載中の【十億のアレ。~吉原いちの花魁~:10巻】の続きが気になるあなたへ、11巻のネタバレと感想をお伝えしていきます。

違う話数のネタバレを探している場合は、下記リンクから該当話数を読めます。

【十億のアレ。~吉原いちの花魁~】全話ネタバレへ

お金を支払わず画像で今すぐ無料のネタバレを読みたい場合は、U-NEXTの登録特典600円分のポイントで読めます。

U-NEXTは31日以内に解約すれば利用料金を請求されませんので、600円分の無料ポイントをフル活用して読んじゃいましょう!

▼31日間無料利用+600円分ポイントあり▼

【十億のアレ。】をU-NEXT無料特典で今すぐ読む

【十億のアレ。~吉原いちの花魁~:11巻】最新話のネタバレ

二十億、二十億でアザミを買い上げてやる。

糀谷が発言した言葉は、この吉原を体現する意味を含んでいました。

金と契約。

異様な雰囲気に、アザミたちが居た場は飲み込まれていきます。

 

場を支配する経営者の言葉

二十億あれば商品価値としては十分どころの話しじゃないです。

アザミを買った金額は十億なのですから、短期間で倍を手に入れられる。

そう考えたら商売としては願ったり叶ったりでしょう。

 

しかし、アザミはズイッと糀谷の前に立ち、引きつりながらも言葉を紡いでいきます。

紡がれたアザミの言葉に対して、相手を丸め込むことに長けている糀谷にとって、アザミの引きつった言葉など意味がない。

ビジネスの世界でひた走っている糀谷にとって、一介の娘であるアザミの言葉など痛くもかゆくも・・・なかったはずだったのです。

 

糀谷を見下し、啖呵を切り始める

しかし、糀谷により飲まれそうになっていた場を、アザミは戻したのです。

最もこの場で弱い人間であるはずのアザミが、最も強い人間を見下し、二十億など安すぎると吐きます。

一瞬、場は冷たく固まりますが、アザミは意に介さず、糀谷に対して淡々と非難の言葉を伝えていきます。

 

自分を見下している影にあるのは、自分自身の母親から受けた傷を癒やすため。

そして、糀谷がやっていることは「いじめっ子」と変わりがないと、ストレートな言葉で言うのです。

今まで見下されたことなどない糀谷にとって、アザミから受けた言葉は、侮辱という言葉で表すには物足りないほどで、目は血走っていました。

 

新しい来客とアザミの水揚げの続き

こうして糀谷との一件が一旦収まりを見せ、それぞれの夜を過ごすこととなっていきます。

もちろん、三倉は自分自身が糀谷を推薦したことに責任を感じていました。

起こったことを悔いても仕方ないのですが、糀谷の表側しか知らずに推薦した人間としては、普通の感情を抱いていました。

 

数日後、サボっていた三倉の前に、今回のいざこざの張本人であるアザミが顔を出します。

その瞬間、めちゃくちゃ焦ってスマホを落としてしまうのですが、その時に少しだけアザミにスマホ画面を覗き見されていました。

ですが、三倉はこのことに気づきません。

 

もちろん、アザミとしては意外な一面を知ることになるのですが、三倉にとってはスマホの待ち受け画面の人魚姫は大切な人物の様子。

そして、ついに水揚げの続きが決まります。

新たな男はロン毛のプレイボーイっぽい人で、店の門をくぐり、アザミに早く会いたそうにしていたのでした。

 

無料で単行本や最新話を読めるサービスはこちら!

【十億のアレ。~吉原いちの花魁~】を今すぐお金を一切使わずに読む方法があります。

▼電子書籍で配信中の【十億のアレ。】▼

U-NEXT:十億のアレ。〜吉原いちの花魁〜
サービス名 無料ポイント 読める冊数
U-NEXT 600pt 今すぐ分冊版5冊が無料で読める
FODプレミアム
1300pt(※)
待てば単行本版1冊or分冊版12冊が無料で読める

※:8日・18・28日のポイント取得時

最もおすすめなのがU-NEXTというサービスで、登録した瞬間から600円分のポイント+31日間の無料お試し期間がついてきます

解約も31日以内であれば利用料金の請求はされません。

U-NEXTを使って【十億のアレ。~吉原いちの花魁~】のみならず、読みたいマンガを思う存分お楽しみください。

U-NEXTを使って無料で読む

【十億のアレ。】をU-NEXTに無料登録して今すぐ読む

感想

糀谷に啖呵を切るアザミ、かっこよすぎるよ・・・。

とはいえ、支配主としては売れてもお金になったし、売れなくても働かせるつもりだったので、別に良かったのでしょう。

結果として自分がアザミを見抜いた目に抜かりがなく、糀谷という巨大スポンサーを失っても平然としたのは、そういうことです。

アザミの持つ魅力に、支配主もたいそう喜んでいるのが良いですねっ!

 

さて、今回で糀谷さんは退場となってしまったのですが、最初から絡みがあったため、少しさびしい気持ちがありますよね。

ただ、どこかでまた絡んできそうな気がするんですよ。

その時に、アザミと対峙する姿を想像すると、少しゾクゾクしてきますね。

絶対、全てを賭してアザミたちを潰しに来ると思いますよ。

【十億のアレ。:12巻】ネタバレへ