ネタバレ

【十億のアレ:12巻】最新話のネタバレ|新しいアザミの水揚げ相手が登場!?

ズズズキュン!で好評連載中の【十億のアレ。~吉原いちの花魁~:11巻】の続きが気になるあなたへ、12巻のネタバレと感想をお伝えしていきます。

違う話数のネタバレを探している場合は、下記リンクから該当話数を読めます。

【十億のアレ。~吉原いちの花魁~】全話ネタバレへ

お金を支払わず画像で今すぐ無料のネタバレを読みたい場合は、U-NEXTの登録特典600円分のポイントで読めます。

U-NEXTは31日以内に解約すれば利用料金を請求されませんので、600円分の無料ポイントをフル活用して読んじゃいましょう!

▼31日間無料利用+600円分ポイントあり▼

【十億のアレ。】をU-NEXT無料特典で今すぐ読む

【十億のアレ。~吉原いちの花魁~:12巻】最新話のネタバレ

糀谷との水揚げを拒否したアザミでしたが、次の新しい水揚げ相手がすでに決まっていました。

男の名前は宮柳といい、くっきりとした整った容姿に男性としては長めの髪、そして余裕を備えた雰囲気を持つ男性です。

 

アザミの水揚げにわりと積極的

VIP待遇のようなもてなしを受けて柔らかい雰囲気の中、宮柳たちはアザミの水揚げについて話し合いを進めていきます。

やっていることは人の売り買いという部分なので、異様な気持ちになるはずですが、彼らにとっては日常的なことのため何も心が痛むことはない。

常に淡々と話し合いが進められていき、順調にアザミの水揚げに関しては決まりました。

 

商談も成立というときに、アザミが呼ばれてやってくるのですが、なんとももさい・・・もさすぎる格好です。

しかし宮柳は一切気に留めず、むしろアザミの飾らない格好と雰囲気が気に入ったらしく、好意的に接してくれるので一安心。

ただ、やっぱりアザミは思うところがあるようです。

 

あーそうですか、とやさぐれるアザミ

水揚げされるということは、自分の初めてを宮柳に捧げるということを意味しています。

糀谷のような紳士的な男性が豹変する様を見せつけられているアザミにとって、一度失敗している水揚げなど、早く終わらせたかったのでしょう。

完全にやさぐれ状態で、とっとと相手が誰でもいいから終わってくれと願っていたのでした。

周囲もここまで不貞腐れた態度を見ると、呆れて物も言えないというより、よくもこれだけ悪態がつけるものだと関心するくらいだったのです。

 

アザミが壊してしまった物

廊下を歩いていると、人間が多くいるわけですから、聞きたくもない話はイヤというほど聞こえてきます。

もちろん、アザミのことも例外ではありません。

山吹の上客だった糀谷に啖呵を切り、振り、妹身分なのに姉の上客を怒らせた。

 

本来なら露頭に迷うどころか、高額で別の場所に売られていたかもしれない案件です。

さらに、山吹には妹がいて、そのスポンサーが糀谷グループだった。

つまり、アザミは図らずも山吹が、ここにいる意味を全てぶち壊していたんです。

同時に、アザミは自分がいつか山吹と同じことをされる身分になることを、今この瞬間に自覚したのでした。

 

アザミの水揚げが行われていく

自分の辿る道と、決意を自覚し、今夜アザミは女になる。

プレイボーイとしか思えない宮柳の手ほどきにより、アザミがまとっていた鎧は全て脱がされていく。

その裏、三倉は1人で縁側に座り、アザミのことを考えていました。

一体、アザミを救うには、何をしてあげたらいいのだろうと。

 

無料で単行本や最新話を読めるサービスはこちら!

【十億のアレ。~吉原いちの花魁~】を今すぐお金を一切使わずに読む方法があります。

▼電子書籍で配信中の【十億のアレ。】▼

U-NEXT:十億のアレ。〜吉原いちの花魁〜
サービス名 無料ポイント 読める冊数
U-NEXT 600pt 今すぐ分冊版5冊が無料で読める
FODプレミアム
1300pt(※)
待てば単行本版1冊or分冊版12冊が無料で読める

※:8日・18・28日のポイント取得時

最もおすすめなのがU-NEXTというサービスで、登録した瞬間から600円分のポイント+31日間の無料お試し期間がついてきます

解約も31日以内であれば利用料金の請求はされません。

U-NEXTを使って【十億のアレ。~吉原いちの花魁~】のみならず、読みたいマンガを思う存分お楽しみください。

U-NEXTを使って無料で読む

【十億のアレ。】をU-NEXTに無料登録して今すぐ読む

感想

結局、水揚げ自体はやるんだね笑

今回でハッキリとアザミが少女→女へと登っていくことが明確に描写されました。

ここまで長かったですねぇ・・・。

 

それより三倉ですよ、み・く・ら。

これは惚れてますよね、確実に。

普通、売られてきた少女のアザミに、ここまで肩入れしちゃいますか?

表では決して出さないようにはしていきますけど、裏で1人でこっそり考え始めてしまうって、もうこれは待ったナシでしょ!?

 

難儀な相手に入れ込みそうになってしまっていますねぇ、三倉は。

さて、次回から水揚げされたアザミは、この館でどのように仕事を振られていくのでしょうか。

日常的な風景も描ききったと思いますので、そろそろガッツリと仕事面の描写を指定ってもいいと思うんですよね。

ますます、楽しみが増してきたので月1更新が憎いです笑