最新話ネタバレ

【薬屋のひとりごと:35話(後編)】最新話ネタバレ|李白の見受け話と壬氏の焦り

月刊誌・ビッグガンガンで連載中の【薬屋のひとりごと:35話(前編)】の続きが気になるあなたへ、35話(後編)の詳しいネタバレと感想をお伝えします。

違う話数のネタバレを探している場合は、下記リンクから該当話数が探せます。

【薬屋のひとりごと】過去全話+最新話ネタバレまとめ!【随時更新中】ビッグガンガンで好評連載中の【薬屋のひとりごと】のネタバレを1話毎に分けてまとめてあります。 各話の詳しいネタバレを確認したい場合...

文字よりも画像の臨場感でネタバレを楽しみたい場合、U-NEXTに登録するとビッグガンガン最新号が今すぐ無料で読めます。

▼無料で読むならこちら▼

【ビッグガンガン最新号】をU-NEXT無料特典で今すぐ読む

※バックナンバーの配信は終了している場合があります。

【薬屋のひとりごと:35話(後編)】最新話ネタバレ

猫猫が李白から聞いていたことは、見受け金でした。

彼が恋をしていた女性は、猫猫もよく知っている白鈴です。

年齢だけで言えば彼女に価値はないのですが、年齢にそぐわない美貌を持っているのと同時に、抱え持っている物により在籍を許されていました。

 

猫猫も見受けの対象を考えており、李白以外に候補となる2人ほど浮かびます。

だが、それ以上に彼女が懸念していたことは、白鈴が持っている「異常性」です。

彼女は店随一の戦上手かつ溜まると男女の見境なく相手を探します。

店主も白鈴を次の主として迎え入れたいとも思っているかもしれないし、彼女も特別な客を取りつつも、自分は自由に恋愛をして楼から出る気はないかもと思っていた。

 

しかし、猫猫はそれはもったいないと思ってもいたんです。

なぜなら、自分にとって彼女は姉という存在よりも、母とまで思えたからです。

今、目の前で悩んでいる男は、惚れた相手の素性を理解し、根は真面目で、出世欲もあり、そして白鈴と2日一緒にいてやつれなかった。

良く知る人物の中では、最も信用に足る男だ。

 

猫猫が李白に指示したこと

目の前で悩み続ける李白に対し、猫猫は今の給料をいくらもらっているか聞きます。

聞いた結果、彼は年に銀1,000枚をもらっているようです。

不安に思う彼に対し、ウソを吐けない猫猫は、足りないと告げた後、即金で10,000はほしいと伝えます。

 

もちろん、今の李白の給料では足りません。

とはいえ、どうやら李白の伝手はあるようでお金には心配がないことがわかります。

なぜなら、それ以上に彼が不安に思ったのは、白鈴にフラレるのではないかということだけだったからです。

 

そこで、猫猫は仕方ないと思いつつ、李白に服を脱がせ、彼の体を隈なくチェックすることにしました。

全体的に整った肉体、歪みのない骨格、全身についたバランスの良い筋肉。

武官らしい良い肉体をしており、猫猫の目から見て、李白は白鈴の好みとして非常にマッチしそうでした。

Sponsored Link



壬氏に問い詰められる猫猫

最後の一枚を脱がせようとした時、壬氏が李白の部屋に入ってきた。

壬氏の部屋で正座させられ、猫猫は彼から何のために李白を脱がせて、観察していたのか問われます。

明らかに顔が笑っておらず、彼女は内心、美人が怒ると怖いと感じていました。

 

ウソをつく気が無い彼女は、壬氏からの質問に全て答えていきます。

その時、猫猫は答えていく中で、明らかに壬氏が李白に張り合っていることを感じます。

つまり、彼は嫉妬していたんです。

そもそも、この時点で話がズレがあり、猫猫が考えていた話は白鈴の身請け相手としての評価です。

 

一方、壬氏は猫猫が李白に対して何か思うことがあったと思っていたんです。

お互いに語ろうとしていた相手にズレがあるのですから、話がこじれるのも仕方ない。

なので、猫猫は最後にハッキリと、壬氏は自分の姉代わりの人物とは釣り合わないと告げます。

もちろん、それを伝え聞いた壬氏は、間抜けな声を上げるのでした。

 

壬氏により呼び出された李白

李白の目の前には壬氏がいた。

輝くような笑顔と共に、自分をまじまじと見つめ、一言でも間違った答えをしたら命は無いとまで感じるくらいだ。

李白は彼から直接話題を切り出されます。

 

見受け金の話です。

壬氏は2万を即金で出すと申し出たんです。

李白としては喉から手が出るほど欲しいお金ですが、壬氏の顔を知っているとはいえ、見ず知らずの官から受け取ることはできない。

 

甘い言葉の裏には罠が張り巡らされているのが世の常識です。

だが、壬氏は李白に対して、彼の素性を調べてことを告げ、評判をつらつらと述べていく。

目の前にいる男は自分を高く買ってくれていることをわかり、李白は正直にいえば申し出を素直に受けたくなっていた。

でも、彼は壬氏の申し出を勢いよく断る。

 

それは自分が惚れ、妻として迎えたい相手に対し、自分で稼いだ金で迎え入れず男して正しいかと思ったからです。

それを聞いた壬氏は顔を伏せ、自分の非礼を李白に詫び、彼に今後のことについて話をしたいと告げて場を後にする。

李白は、彼が考えていることに困惑しつつも、頭を下げて見送るのだった。

Sponsored Link



【薬屋のひとりごと】最新刊の続きや最新話を無料で読む方法

文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。

そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【ビッグガンガン最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。

サービス名 無料ポイント 読める冊数
U-NEXT 600p 今すぐ1冊分が無料で読める
music.jp 600pt 今すぐ1冊分が無料で読める
FODプレミアム 900pt(※) 待てば1冊分が無料で読める

※最大取得時

この中から最もおすすめなのがU-NEXTというサービスで、登録した瞬間から600円分のポイント+31日間の無料お試し期間がついてきます

U-NEXTなら解約も31日以内であれば利用料金の請求はされません。

ぜひ、こちらから無料登録に進み、あなたが読みたいマンガを思う存分お楽しみください。

U-NEXTを使って無料で読む

【ビッグガンガン最新号】をU-NEXTに無料登録して今すぐ読む

※バックナンバー配信は終了している場合があります。

感想

李白、めっちゃいい男じゃん・・・!

こんな風に決められてしまったら、何かあれば手助けしたくなってしまいますね。

壬氏と猫猫のズレのある問答も笑えるし、今回の後編は大満足な出来でした。

こういうコミカルな場面があることが、本作の魅力であることを改めて認識させられたお話です。

 

さて、次回は壬氏が何か告げたいことがあるようですが、一体なにを話すんでしょうか。

李白の昇進とかに関わることかな。

壬氏としては懐刀は多いほうがいいと思うので、上手く懐柔しそうな気がしますね。