最新話ネタバレ

【その着せ替え人形は恋をする】最新話+過去全話のネタバレまとめ!【随時更新中】

隔週雑誌ヤングガンガンで好評連載中の【その着せ替え人形は恋をする】のネタバレを最新話と、過去話に分けてまとめてあります。

各話の詳しいネタバレを確認したい場合は、簡易ネタバレの下にあるボタンをタップすると、該当のネタバレを確認できます。

真っ先に最新話が気になるのなら、こちらからお進みください。

▼最新話のネタバレへ▼

【その着せ替え人形は恋をする:37話】ネタバレへ

文字ではなく画像付きで最新話のネタバレを楽しみたい場合は、こちらからU-NEXTの31日間無料利用+600円分のポイントを利用すると無料で読めます。

▼31日間無料+600円分ポイントあり▼

【ヤングガンガン最新号】をU-NEXT無料特典で今すぐ読む

▼巻数・話数のタップで該当部分に飛びます▼

その着せ替え人形は恋をする各話ネタバレへ
1巻 1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話
2巻 8話 9話 10話
11話 12話 13話
14話 15話
3巻
16話 17話 18話
19話 20話 21話
22話 23話  

4巻

24話 25話 26話
27話 28話 29話
30話 31話  

5巻

32話 33話 34話
35話 36話 37話
38話 39話  

【その着せ替え人形は恋をする:1巻】各話のネタバレ

1話

雛人形師となるために祖父の下で修行に明け暮れる五条新菜は、高校で誰も友達ができていなかった。

過去に女の子から自分の趣味が気持ち悪いことをしてきされたことと、明るい人が多い高校では、比較的おとなしい自分が受け入れられないと思っていた。

ある日、いつも使っているミシンが壊れてしまったため、学校の家庭科室に入り込み、ミシンを使わせてもらう。

その時、不意に同じクラスメイトの喜多川海夢が入ってきて、五条は自分の趣味が知れてしまったのだ。

過去に起きた出来事もあり、五条は海夢から否定的な言葉を受け取ると思っていたのだが、全く真逆の感想を持たれる。

そして、五条は海夢から1つのお願いをされてしまった。

そのお願いとは、海夢のコスプレ道具として、衣装を作るのを手伝ってほしいことだったのだ。

最初は否定しようとしていた五条だったが、過去に海夢に言われた言葉を思い出し、自分の気持ちと向き合って、海夢にハッキリと自分の今の気持ちを伝える。

2話

五条は同じクラスメイト・海夢のコスプレ衣装を作る手伝いを快く引き受けた。

海夢の語るゲーム「ヌル女2」の内容が全く理解できない上に、内容的に五条たちの年齢では推奨されないゲームの様子。

そこで年齢の件を質問した五条だったが、海夢には華麗にスルーされてしまう。

しかし、それでもゲームについて熱く、楽しく語っている海夢の姿に、五条は自分に無いものを感じて惹かれ続けてしまう。

肝心の衣装は採寸からスタートせざる得なく、今日は時間も時間なので、土日を挟んで月曜日に採寸をすることに決まります。

ですが、行動力の塊である海夢にとって、2日間の時間は長すぎると感じたのか、五条の家へとやってきてしまいました。

採寸のためには服を脱がねばなりません。

海夢は突如、五条の目の前で服を脱ぎはじめ・・・!?

3話

突如、五条の部屋で服を脱ぎだした海夢ですが、中には水着を着用していたので恥ずかしいことはありませんでした。

こうして五条による海夢の測定が始まるのですが、やはり年頃の男の子には刺激が強すぎて、五条の気持ちがふわふわしてしまっています。

でも、五条は目の前にいる海夢の本気の気持ちに触れたことで、自分の気持ちがやましい方向に向いていることを自覚させられます。

気合を入れ直し、メジャーを片手に海夢の頭頂部からつま先まで、全てを丁寧に1つずつ測っていきます。

途中、足の大きさの話になり、どうしても海夢の靴が市販の物では合わないというのです。

そこで五条は、足の即位なども測ろうとして椅子を用意しようとするのですが・・・?

4話

次に測らなきゃいけない場所としては、やはりキャラの売りでもある胸囲の部分でした。

水着だからとかではなく、測るには前に回り込む必要があるので、必然的にアレが五条の顔の真ん前にやってくることになります。

思春期真っ盛りの男の子にとって、海夢の姿だけじゃなく、顔の目の前にそびえ立つ2つの山は凶悪な武器です。

海夢もわかっているのか、わかってないのかは知りませんが、もう早くして欲しいので五条を急かしていきます。

ほぼ全ての測定が終わったのですが、残っていたこととして股下の測定がありました。

海夢の顔を見ずに測定できることもあって、五条も冷静に測定できるのですが、測定用のメジャーが海夢の肌に触れた時、思わず声が漏れてしまいます。

こうして無事、全ての測定が終わったあと、五条は海夢から「ある提案」をされて・・・?

5話

高校へ登校した五条は、朝から自分と海夢のいる世界が違うということを強く痛感させられてしまう。

学校の誰からも声を掛けられるし、少しでも立ち止まれば自分のところに人がたくさん集まってきて、五条は自分との違いを比べ劣等感に苛まれてしまう。

海夢と学校内で分かれた後、不意に自分を笑うような言葉を耳にしてしまう。

五条は心無い言葉により、自分と海夢は一緒にいないほうが良いと判断し、昼休みを含め海夢から逃げ続けていた。

下校するときも買い物に行く誘いを断って、五条は影で海夢に謝罪の言葉を口にしていたのです。

その時、後ろからヌッと忍び寄る影と、冷たい声を浴びせてきた海夢がいたのでした。

そして2人は、お互いに抱えていたモヤモヤした感情を言葉で吐き出します。

6話

さて、これから良いところへ行こうと言われて五条が連れてこられた場所は、コスプレ衣装を購入するお店でした。

急に連れてこられたのでビックリしてしまいましたが、五条はいつも携帯していたのか、コスプレ衣装の図面を全て書いてある紙を海夢に手渡します。

しかし、今日は買い物をするわけではないので、手持ちがないと思っていた五条でしたが、こんなこともあろうかと・・・って感じで、茶封筒を海夢はバッグから取り出します。

今日の日に使わなくて、一体いつ使うのか。

そんな感じで2人は一緒に布や素材を1つずつ丹念に選び、お買い物を進めていきます。

ウィッグの購入も終え、残るは肌に付けるアクセなど。

そこで重要な部分を購入するか、しないかのために衣装室へ海夢は入っていくのですが・・・。

7話

五条と海夢はコスプレ衣装の購入を終え、飲食店から出ていき、2人で自宅に帰る途中でした。

その途中で、海夢がいつも見ているコスプレイヤーたちの写真を見せてあげ、五条の反応を伺います。

どのコスプレイヤーも、とてもキレイなのですが五条の反応がいまいち。

海夢は五条に対して、どうして反応がいまいちなのかを聞いてみたら、五条にとっての「奇麗」という言葉は、簡単には使えないと言うんです。

海夢としては、ちょっと面食いすぎるって呆れつつも、五条のこだわりには納得している様子。

こうして2人は一緒に帰るのですが、五条は海夢と分かれる時に、思わぬ爆弾を抱えることとなってしまうのでした。

Sponsored Link



【その着せ替え人形は恋をする:2巻】各話のネタバレ

8話

あと2週間で衣装を完成させないといけない・・・!?

いやいや、そんな馬鹿な話があるのだろうか。

聞き間違いでなければ、そんな話あるわけがないのだが、海夢はハッキリと2週間後と言っていた。

さらに、2週間の中には中間テストまであるし、祖父は腰を強打して少しの間、留守になることになってしまう。

コスプレ衣装に、テストに、雛人形の見学まで舞い込み、五条の頭はパンク寸前。

海夢とも連絡をあまり取らず、とにかく一人部屋でこもって作業を続けるしか無いのだが・・・?

9話

部屋には無数の布と祖父のために用意してあった着替えがあり、五条は布団の上ではなく、畳の上から天井をぼんやりと眺めていた。

そして、今までの行動がどれも中途半端すぎて、上手くいかなくて、自分の不甲斐なさに涙まで出てくる。

不意に祖父が雛人形を作り続ける理由を話してくれたことを思い出す。

祖父はつらいこともあるが、それ以上に受け取った人たちの顔が眩しいほどの笑顔になるのが幸せで、喜んでほしいから作れるのだと言っていた。

その時に、五条の頭の中では海夢の顔が浮かんでおり、彼女をただただ喜ばせたい。

そのために、今、自分ができることをやろうと決意し、再び五条は針と糸を手にして机に向かい合うのだった。

10話

全て無事に完了し、衣装が完成したことを五条は海夢に知らせます。

衣装を見た海夢は言葉を失ってしまって、しばらく呆然としてしまっていました。

五条はこれでイベントに間に合うと話したら、海夢の顔がまたたく間に青ざめていきます。

実は、コスプレのイベント自体は、いつでもどこでも開催しているので、海夢は気長に待とうと思っていた。

しかし、まさか、期末テストや祖父の話もあったのに、裏でこのように完成させているとは、知らなかった。

中間テストが終わったあとからの付き合いが悪いのも、全部自分のせいだと感じた海夢は、自分の責任だと感じて顔を歪めて大粒のナミダを流してしまいます。

泣き続ける海夢に対して、五条は「とある提案」をすることとなり・・・。

11話

五条が出した「とある条件」というのは、海夢のために作ったコスプレ衣装を、今ここで着てもらうことでした。

1つずつ袖を通し、五条の目の前に現れた人物は、まさしくヌル女2にいた「雫」だったんです。

とはいえ、五条の目線からすると、まだまだ衣装の粗さが目立つようで改良が必要の様子。

衣装のことで頭いっぱいな五条を他所に、雫になりきっている海夢は、早くコスプレ写真の撮影を進めていきたくてウズウズしていました。

しかし、五条の家はコスプレ撮影可能な場所ではなく、一般的な家の部屋です。

そこで海夢は、ちょっとした工夫を凝らして、自分のコスプレが映えるように五条に撮影を指示始めるのでした。

12話

五条と雫のコスプレ衣装に身を包んだ海夢とともに、コスプレ撮影会場に立っていた。

周囲を見渡すと、男性が女性のコスプレをしていたり、女性が男性のコスプレをしていたりと、様々な表現方法があることを知ることとなる。

そして、雫のコスプレをしている海夢の楽しそうな姿を見た五条は、これから自分と関わる機会がなくなることに気づく。

短い間だったけど、目まぐるしくも楽しい日々を過ごせたことに楽しさを見出していた五条は、少し寂しさも感じていた。

しかし、五条は感傷に浸る暇を与えられなかった。

なぜなら、近寄ってきた海夢から発せられた言葉に衝撃を受け、現実に引き戻されることとなるからです。

13話

五条の下に駆け寄ってきた海夢から言われたことは、服が破けそうという言葉と、熱くてクラクラするという言葉。

実は、五条に内緒でちょっと海夢は盛っており、それが服を圧迫させてしまいほつれを引き起こしていました。

さらに、今日は炎天下だったため、生地は黒色な上に厚みが邪魔をして体の熱が外へ出ていかなかった。

つまり海夢の衣装は、炎天下ではサウナスーツとして機能してしまっていたんです。

急いで建物内に避難して、海夢の体を冷えピタなどで冷却し、水分補給等をしっかりと行って対策をしていきます。

この時、五条は海夢の何かを目撃し、ちょっとだけドン引きし、さらにこれが後にある場所で知られてしまうことになるのでした。

14話

炎天下でのコスプレは早めに切り上げて、2人は電車でそれぞれの家へ帰る途中でした。

五条は今回のコスプレで関係が終わると思っていたのですが、なんと海夢の好きなキャラは50人はいるらしく、まだまだコスプレに終わりは見えないようです。

初めてコスプレイベントに出られた海夢は、とても満足そう。

五条もうとうとしつつ、参加者みんながそれぞれ楽しんでいた様子を思い出していました。

そして、不意に五条は頭の中で海夢が自分に向けてくれた笑顔を思い出します。

海夢は、五条が無意識につぶやいた言葉をハッキリと耳にし、過去に言われたことと照らし合わせ、自分がどのように見られていたのかを自覚させられるのでした。

15話

コスプレイベントの参加を終えた五条と海夢は、五条宅でコスプレ衣装の洗濯をしていました。

そこへ、帰ってきた祖父と出くわし、変な勘違いを起こされてしまったので、2人で説得します。

五条からも改めて変な関係じゃないと念を押され祖父は納得したのですが、海夢だけは全く別でとにかく五条の事を意識してしまっていたのでした。

祖父と話す普段の五条が今まで見たこと無い一面だったことも手伝い、海夢の心はグイグイと五条に惹き寄せられる。

正直、自分でも今の感情をどうしたらいいのかわからないくらい持て余します。

そして海夢は帰りの電車で、ハッキリと自分は五条が好きだと自覚することになるのでした。

Sponsored Link



【その着せ替え人形は恋をする:3巻】ネタバレ

16話

五条の祖父により、家の中に招かれた少女は、お風呂を借りることになりました。

帰宅すると、祖父から友達が来ていると聞かされるのですが、五条にとって友達は海夢しかいないので誰なのか・・・?

そして、出会った少女は全く見知らぬ人で、女の子からは「服」を見たいと言ったので五条は雛人形の服を見せていきます。

ですが、どこかお互いにチグハグしており、女の子から迫られ、五条はようやく事態の把握ができました。

五条の目の前にいる女の子は、海夢も憧れを抱いていた「ジュジュ」だったんです。

つまり、五条は自分にコスプレ衣装を作れと、ジュジュから迫られたのでした。

17話

五条の目の前にいる女の子は、海夢も憧れていたジュジュ。

学校帰りに寄ると約束していた海夢が来てからは、さっきのコスプレ衣装の話は端に行き、とにかく海夢の一人舞台。

ガツガツとジュジュ(乾紗寿叶)に食いつき、目の大きさ、肌ツヤやら何やらを列挙していきます。

海夢のことは端に置いておき、改めて乾は五条に衣装の制作依頼をします。

その最中、海夢は五条には彼氏がいないと知り、超ご機嫌。

そして海夢は、自分も乾に合わせてコスプレをしたいと提案。

海夢の急な提案を、乾は本当に受けるのでしょうか?

18話

乾はハッキリと海夢に衣装合わせ(一緒に撮影)を断ることにしました。

しかし、なんと海夢からスタジオ代の割り勘を提案され、心がグラグラとゆらぎ始めます。

高校生とはいえ、やはりスタジオ代は高く付くので、少しでも費用が抑えられたらコスプレ衣装や次回の衣装にも回せる。

とても魅力的な提案です。

一方、五条は祖父から人形作りの腕が上がったという評価を得られました。

その理由はただ1つだけ。

海夢のコスプレ衣装制作と、メイクを担当したことからでした。

後日、改めて五条は海夢の家へ足を運び、一緒にアニメを見ようと思ったのですが、目の前には言葉では言い表せない姿の海夢がいました。

19話

五条にとっては高校で初めての友達、しかも女の子のお部屋に訪問です。

思春期の男の子が女の子の部屋に案内され、緊張するなというほうが無理です。

しかし、それを一瞬で打ち消すほど、海夢の部屋の内装は衝撃的であり、五条を現実へと引き戻してくれました。

こうして海夢の部屋で2人でアニメを視聴し、実質的な「お家デート」が開始。

海夢は好きな人が隣にいることから、心臓はバクバクだし、やっぱり好きな人に料理作ろうとか張り切っていきます。

そして出来上がったオムライスを食べた後、五条とともにアニメを視聴し、五条は大粒のナミダを流し続けることとなるのでした。

20話

さて、ここからはカメラの講義です。

撮影を担当する心寿からカメラについての解説が始まり、スマホとの違いなどを事細かく説明されていきます。

その中で五条と海夢は、カメラの価格について気になっていました。

そこで2人はスマホを使ってカメラの相場を1つずつ調べていくことにしたら、明らかに異常とも思える値段ばかり並ぶため、軽いカルチャーショックを受けます。

話も一段落ついたところで、乾の提案で撮影のために使うスタジオの見学に行くことになりました。

しかし、スタジオについてあと、乾の様子がどこかおかしい。

明らかに、彼女は震えていたんです。

21話

さて、ここからはカメラの講義です。

撮影を担当する心寿からカメラについての解説が始まり、スマホとの違いなどを事細かく説明されていきます。

その中で五条と海夢は、カメラの価格について気になっていました。

そこで2人はスマホを使ってカメラの相場を1つずつ調べていくことにしたら、明らかに異常とも思える値段ばかり並ぶため、軽いカルチャーショックを受けます。

話も一段落ついたところで、乾の提案で撮影のために使うスタジオの見学に行くことになりました。

しかし、スタジオについてあと、乾の様子がどこかおかしい。

明らかに、彼女は震えていたんです。

22話

スタジオ見学していた時に、突如雷雨に見舞われてしまうこととなります。

スタジオの雰囲気も相まって、乾は階段の途中で縮こまってしまっています。

そこで、過去の話を五条は不意に振られます。

小さい頃の乾は自分が魔法使いになりたかった。

しかし、小さい子が少しずつ大きくなれば、その世界は作りものであることもわかっていく。

それでも、自分は魔法使いになりたくて服を購入し、着て、鏡の前に立った。

同時に、乾は五条が作った衣装に嫉妬もしてしまっていた。

だからこそ、乾は自分を嫉妬させた衣装を作る五条に、衣装を作ってもらいたい。

ただただ、乾にとって五条に衣装を作ってほしかったのは、作る技術がすごいとかではなく、衣装への一目惚れだったんです。

23話

期末テストも終わり、五条は海夢と海にやってきていました。

埼玉から海に来るのは時間がかかりましたが、海開きもしていないため、人がいないので2人だけで良い景色を独占。

そこで五条は、海夢に祖父から言われたことを打ち明けます。

人形の腕が上がったこと、そしてこれからは人形だけじゃなく、もっと色々な物を見聞きして体験していくのが大事なこと。

海夢は楽しそうに語る五条の横顔を見上げます。

途中でウソをついてレジャーシートの場所に戻り、スマホを片手に心寿のアドバイス通り、逆光を利用して五条の顔をスマホに収めるのでした。

Sponsored Link



【その着せ替え人形は恋をする:4巻】ネタバレ

24話

五条は一人で生地を見ていました。

もちろん、これは依頼者である紗寿叶と海夢たちのコスプレ衣装を仕上げるために使うからです。

店員さんから詳しい布の説明に加え、衣装図面のアドバイスも受け取り、帰りにはメイク雑誌も購入して準備はバッチリ!

そして帰宅後には海夢とブラックロベリアの胸に付けるフラワージュエルの制作に取り掛かります。

その最中、やはり五条は自分がしっかりと人の役に立っていることを実感し、とても満足そうにしていました。

さらに海夢からは、脱いでいる姿を見ていい許可を得るのですが・・・?

25話

五条の部屋で、五条と海夢の目の前には衣装を着た紗寿叶が立っていました。

髪やメイクはいじっていないので本人感はありませんが、衣装は本当にキャラそっくりに出来上がっています。

さて、ここからは海夢のブラックロベリアの衣装とメイクに関して、打ち合わせをしていきます。

今回は前回のように眉毛は通常で大丈夫なので、全剃りせずに済むので一安心です。

こうして各々が楽しみにしていた撮影会なのですが、なんと当日は雨が降ってしまったんです。

明るい日差しも入りつつ、良い写真が撮れると思っていた海夢にとっては、少し期待はずれ。

そんな2人の目の前に、衝撃的な出来事が起こるのでした。

26話

心寿はコスプレをしたかった。

だけど、姉のように小さくかわいくて、細くない人間には無理だと思っていたんです。

本当は自分も姉である紗寿叶や海夢のようにコスプレをして、着飾ってみたかった。

しかし、心寿が胸の内に抱えていた不安というのは、コスプレが合わないだけじゃなくて、コスプレの姿勢がガチすぎる姉に嫌われてしまうかも知れない恐怖。

半端なコスプレを披露するくらいなら、それはやらないほうが良いと感じていた。

でも、五条によって掘り返されたことで、自分も2人のようになりたいと強く願うようになっていたんです。

ただ、ここで五条に1つ問題が浮かび上がることを、本人はまだ知らなかったのでした。

27話

さあ、心寿の衣装作りがスタートです。

問題は心寿がコスプレをしてなりきりたい人物でした。

心寿がしたいと願っていたコスプレは、男キャラで「颯馬お兄ちゃん」というキャラクター。

どこが問題かというと、身長が足りないという問題ではなく、問題は胸の大きさだったんです。

中学生にしては180cm近い身長を誇り、成長は周囲と比べたら群を抜いて良い心寿にとっては、その成長の良さが逆に仇となっていた。

だからこそ、逆に人が羨む部分を打ち消す方法を、五条は考えなきゃいけなかったんです。

そして、心寿の問題を解決するヒントは着物で使われている「さらし」でした。

28話

無事に問題も解決したし、材料などは費用内で全て揃い、あとはメイクの打ち合わせ。

その最中に、五条は心寿からの質問にとある人物を思い出しつつ、しっかりと受け答えしていきます。

五条が心寿のことを助けたかったのも、五条が頭で浮かべていた人から言われたことと、自分が救われた経験から重なったことがあったからでした。

そして、今、コスプレに厳しい姉と、思いのまま楽しむ海夢の前に心寿が姿を表しました。

もしかしたら、自分は否定されるかも知れないと思っていた心寿は、姉・紗寿叶から褒められ、無事に受け入れられます。

こうしてコスプレをした3人による撮影が進むこととなりました。

29話のネタバレ

それぞれコスプレの撮影が順調に進んでいきます。

カメラを持って姉のコスプレ姿を撮る心寿の豹変ぶりに、五条はややドン引きしていたのは秘密です。

こうして次は海夢の撮影が開始。

海夢がコスプレするブラックロベリは悲しげな表情のはずなのですが・・・コスプレイヤー・ジュジュを目の前にしていた海夢は、顔がデロンデロンに蕩けていたんです。

同時に、自分はキャラになりきると決めいていたはずのジュジュの心を溶かし、新しい楽しみ方を植え付けることになるのでした。

30話

乾姉妹は、部屋で撮影したコスプレを一緒に見返していました。

そこで打ち明けたのは、お互いにお互いの姿に憧れを抱いていたこと。

妹は姉の小さく華奢な体を、姉は妹の大きいながらも女性的な体つきをしていることを羨ましがっていた。

お互いに無いものを持ち合わせており、それにより制限される部分もあると知った。

こうして姉妹は、改めて2人で一緒にコスプレをすることを決めます。

一方、今度は海夢と五条です。

2人に大きな問題は起きていないのですが、五条がこっそりと自宅に心寿だけを上げていたのが悪かった。

五条の家に2人でいたことを知った海夢は、悪気がないのは知っていながらも、五条に対して少しヤキモチを焼いているのでした。

31話

夏休みを迎え、自分の時間もたっぷり取れるようになった五条にとって、今は絶好の修行チャンス。

しかし、それと同時に今日までの日常を振り返る時間でもありました。

もしも、自分がこのまま海夢と出会わずにいたら、きっと雛人形にも変化がなかったかもしれません。

それだけ五条にとって、コスプレ衣装作りに携わったことは、いい難い経験となっていたんです。

自分の功績をぼんやりと考えていた時、ピンポーンとインターホンがなりました。

急いで開けに行くと、そこには真っ黒な女の子がいたんです。

そういえば、前にコスプレでこの子をする時には、肌の色が・・・という話がありました。

海夢は肌の色をコスプレで変えるのが待ちきれず、自分の肌を夏休み中に薄っすら小麦色に焼いていたのでした。

Sponsored Link



【その着せ替え人形は恋をする:5巻】ネタバレ

32話

五条の家に突如やってきた海夢の姿は健康的な肌色に焼けており、思わずギョッとしてしまいました。

しかし、実は焼いたというのはウソで、五条を驚かすために海夢がファンデーションでイタズラしたんです。

そんな中、次にコスプレとしてロベリアをしようとしていたので、お互いにいろいろとコスプレ道具を用意していました。

用意するとき、無防備な海夢に五条は、恥ずかしがってしまって・・・・!?

【その着せ替え人形は恋をする:32話】のネタバレへ

33話

五条と海夢は渋谷に2人で買い物のためにやってきていました。

その理由は、五条が前にコスプレイベント会場で、自分の服が無いことを嘆いていたことから、海夢が気を利かせてコーディネートしようと提案したからです。

とはいえ、男の子のファッションを選ぶのは初めてのようで、どんなものを着せてあげたら良いかわからない海夢は、どんどん色々な物を着せてあげます。

しかし、これという物は見つからず、二人はお店を出て交差点に差し掛かります。

その時、いきなり神妙な顔をして、五条が話を始めます。

【その着せ替え人形は恋をする:33話】のネタバレへ

34話

海夢の提案で、五条は人生で初めて漫画喫茶に入ることとなります。

漫画喫茶の個室は、とても距離が近くて五条はいつもと同じ距離感なのですが、少し戸惑った雰囲気を醸し出していました。

そんな五条を知ってか、知らずか海夢は自分の好きなマンガを差し出します。

海夢から差し出されたマンガを手に取った五条は、自分の中に新しい課題を見出すのでした。

【その着せ替え人形は恋をする:34話】のネタバレへ

35話

今回はホテルでの撮影にやってきます。

しかし、どうも入ったホテルの様子がおかしい、おかしすぎる。

大きな部屋なんだけど、どこか落ち着かない大きすぎるベッドに加え、枕元には見慣れたおもちゃが・・・。

一体、海夢はなんのホテルへ五条を連れてきたんだ!?

【その着せ替え人形は恋をする:35話】ネタバレへ

36話

ホテルでの撮影を順調に進めていく海夢と五条。

ただ、撮影を進めていくと、どうしても撮影した写真に物足りなさを感じていきます。

五条が物足りなさを感じたのは「視線」。

五条は視線を主観的にもらうため、海夢に1つ提案をしてみました。

乗り気である海夢だったのですが、その撮影方法の終盤で大きなトラブルが・・・!?

【その着せ替え人形は恋をする:36話】ネタバレへ

37話

五条は突然の海夢から送られてきた助けてメッセージにビックリし、急いで彼女の下へと行きました。

しかし、その助けてという内容は、海夢が夏休みの宿題をしっかりとこなしていないから。

もしも、このまま宿題が終わらなかったら海夢パパから、とても怖い怒られ方をしてしまいます。

無事に目的を果たしきったのですが、どうも何か1つ忘れているような・・・?

【その着せ替え人形は恋をする:37話】ネタバレへ

最新刊の続きや最新話の画バレを無料で読む方法

文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。

そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【ヤングガンガン最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。

サービス名 無料ポイント 読める冊数
U-NEXT 600p 今すぐ1冊分が無料で読める
music.jp 600pt 今すぐ1冊分が無料で読める
FODプレミアム 1300pt(※) 待てば4冊分が無料で読める

この中から最もおすすめなのがU-NEXTというサービスで、登録した瞬間から600円分のポイント+31日間の無料お試し期間がついてきます

▼ヤングガンガン最新号の例▼

U-NEXT版:ヤングガンガン最新号

解約も31日以内であれば利用料金の請求はされません。

ぜひ、こちらから無料登録に進み、あなたが読みたいマンガを思う存分お楽しみください。

U-NEXTを使って無料で読む

【ヤングガンガン最新号】をU-NEXTに無料登録して今すぐ読む

※バックナンバーの配信は終了している場合があります。

【その着せ替え人形は恋をする】今すぐ好きな巻を全巻無料で読み放題なサービスを徹底特集ヤングガンガンで好評連載中の福田晋一さんが描く【その着せ替え人形は恋をする】が、月額制の読み放題サービス対象や無料で読めたらいいですよね...